新盆供養

供養というと、四十九日の法要や一周忌や三回忌などに親せきや友人を呼んで僧侶に読経を上げてもらう、お供え物や線香をあげるといったが有名です。
しかし、現在では供養方法も多様化していて、散骨や樹木葬を行ったり、節目に食事会だけをするなど様々な方法で供養しています。
世間一般でおこなわれているような、亡くなった人に対して供物をささげたりして祈ることは、とくに追善供養と呼ばれています。
追善とは、亡くなった方が生前行ないきれなかった善行を代わりに行ない、冥福を祈るということです。
ご供養の意味は多義的ではありますが、簡潔に申し上げるとご先祖などの亡くなった霊に対して感謝の意を捧げることと言えます。ひいては、それが自分の徳として返ってくるということではないでしょうか。

当「なごみ空間」でも、7月に新盆供養をさせていただきます。
詳細は、サイトをご覧ください。↓
新盆(7月盆)供養

なごみ空間の最新情報をお届けします

投稿者プロフィール

石倉毅

シンプルでカスタマイズしやすいWordPressテーマ

※この表示はExUnitの Call To Action 機能を使って固定ページに一括で表示しています。投稿タイプ毎や各投稿毎に独自の内容を表示したり、非表示にする事も可能です。

ビジネス向けWordPressテーマ「Johnny」はシンプルでカスタマイズしやすいテーマです。ぜひ一度お試しください。